内職 名古屋

空いている時間に副業としてテープ起こしをしていました

正社員として働いているが、ボーナスも出ず給料も上がらない。拘束時間が長いため仕事が終わった後にアルバイト…などはとてもではないが体が持たない。そんな時に内職を名古屋で探してテープ起こしという仕事があることを知った。初めて行う仕事の内容だったので正直実際に行えるかどうかとても不安であった。

しかし、始めてしまえば自分の空いた時間で仕事ができる、という働き方がすごく自分に合っていた。初心者であるから、始めた当初は時給に換算してしまえば決して高い金額はもらえない。

それでも寝る時間を削って深夜のアルバイトをするよりは断然良い仕事である。テープ起こしであるから聞き取れない部分ももちろん出てくるが、不明点はきちんと説明してくれるところであったのも良かった。

もともと文章を作ることも打ち込むことも得意なため、一切ストレスを感じることなく仕事をすることができた。誰にも会わずに仕事ができる、という点でもテープ起こしの仕事は自分に合っていた。

テープ起こし一本で生きていく、というのはなかなか難しいかもしれない。しかし、本業のほかに収入を得たい人や、外に働きに行くのが難しいという状況にある人にはテープ起こしの仕事は非常に有用である。

スキルアップしていけばもらえる報酬も上がっていく。ストレスを感じずに副収入を得られる仕事というのはなかなか見つからないが、在宅のテープ起こしは自分にとってはとても有意義な仕事の仕方であった。

あせらずに自分に合った内職を探すことが大事です!

私の場合、仕事の時間がある程度決まっていた為、以前は子供たちの為のPTAの活動やスポ少の活動に空いている時間を使っていました。しかし、子供たちも大きくなりPTAの活動やスポ少の活動がなくなった時、その空いた時間をどう使うか考えた事がありました。

いろいろな趣味に使いたいとも考えましたが、それだけではもったいないと思いインターネット等でいろいろ調べたところ「内職」というのを見つけました。

内職と一言でいってもいろいろな仕事があり、自分にあった内容や出来る時間のものを時間をかけて探しました。内職の特徴としては、金額は通常の仕事に比べたら少ないですが、自分の空いてる時間に、自分のペースで、自分の好きな事が出来ることだと思います。

私は、なるべく無理をせずに趣味の感覚で出来る内職を探しました。また、ながく続けられるもの良いと思います。内職を始めてまだ1年くらいですが、内職の金額も気がつかないうちに貯まってくるとうれしいものです。

これから内職を探される方は、まずはあせらない事だと思います。今は新聞や雑誌、求人誌またインターネット等で内職についていろいろな情報を得る事ができます。

その為、詐欺まがいの情報もあるといわれていますが、まずはじっくり情報を吟味し、また、友人等からの情報も集め、自分の能力に合った、そして、時間に無理のない内職を探してほしいと思います。きっとあなたに合った内職が見つかると思います。

在宅ライターを始めたきっかけとライターという仕事の醍醐味

自宅で出来る仕事はないかと考えていて、そこで発見したのが、「在宅ライター」と言う仕事でした。元々書く作業が大好きだったと言うこともあって、未経験可という御依頼主様の案件に応募したのが始まりでした。最初は、本当に仕事をいただけるのか不安でいっぱいでしたが、今では安定した仕事を抱えるようになりました。

このライターと言う仕事の最大の魅力は、やはり書いて表現できる点にあると思います。そして、それが御依頼主様の意向と合致した時にいただく言葉にも醍醐味を感じます。また別の点でも在宅ライターには魅力があります。

それは子育てで忙しい主婦の方や諸事情で在宅で仕事をしたいって方には、適した仕事だと思います。ただ、どんな仕事せよ納期遵守と、それに付随する守秘義務は厳守しなければならないと思います。

それと「仕事」に伴う責任は必然ですよね?重複しますが、それはどの業種職種でも同じですよね?煩わしい人間関係もないですし、書いたら書いた文章だけ報酬に繋がって行くのですから、そこも醍醐味と言えるでしょう。(但し契約や雇用形態などによって異なると付け加えておきます。)

何よりすぐに仕事が始めることが嬉しいですね。パソコンと意欲と向上心があれば 始めることが出来ます。「在宅ライター」と言うと難しく感じる方や経験ないから出来ないと思っている方もいるかと思います。ですが、書くことが好き、パソコンを使えると言う方なら未経験の方でも出来ると思います。

大好きで、やりがいのあるライティングのお仕事について

私は、今は障害者雇用で、しかも体が現在かなりの虚弱体質のために、普通に社会に出てフルタイム勤務で働く、という事がかなり難しく、そのためにインターネットができればやれる、ライティングの内職をする事にしました。

内職の中でも、私は文章を書く事が大好きですので、それでアンケート等ではなく、ライティングで文章を作って承認されればお金をいただける、という内職を自分の時間に取り入れるようにしました。

内職をしてみた感想としては、かなり面白いですし、自分自身の知らない事に関しての文章作り等は、インターネットで調べながら行っていますので、様々な世間の物や情報に関しての知識が増えました。

その増えた知識で、家族とのコミュニケーションをする、その量も以前よりも多くなり、このようなライティングの内職が私にもたらしてくれたものは、計り知れなく大きいです。

ですが、会社で仕事もしておりますので、精神的にくたびれてしまったりして、やりたくない時もあります。そのような時のために、私は内職の時間として、一日にこれだけは必ず内職の時間として時間を取る、といったような感じで決めて、仕事として割り切ってやっております。

ライティングの内職をやる、その醍醐味としては、好きな時間にできるのと、あと、文章を書く内職の仕事により、かなり沢山というわけではないのですが、収入も増え、それで、生活がとても助かっているという事です。

ライティングの内職は、分からないキーワード等については、調べて書く事になるので、知識が増え、世間の事も見えやすくなってきますので、知識が増える、文章を書くライティングの内職のお仕事は、とてもお勧めです。

書くことが苦手でもモチベーションさえ保つことができればライターはできる!

病気で仕事を続けられなくなり、失業給付も切れてしまった私。アルバイトやパートの仕事も探しましたが、自分にあうようなものはなく、体の調子も不安でした。ところが、やはり無職で家にいると気が滅入ってしまいます。

在宅で何かアルバイトがないかと探していたところ、在宅ライターの仕事があるとネットで検索して気付きました。早速サービスに登録し、仕事を探すことにしました。

特に作文が得意なわけでもないし、文章なんてメールくらいしか書いたことがなかったので、つとまるか不安でした。けれど、当然といえばそうなのですが、そういう初心者からでもできるものはあるのです。

まずは200文字程度の自由記事から始めてみると、数日後にポイントを無事稼ぐことができました。しかし単価は非常に安く、はじめは時給で考えたり以前の給料と比較して、と気持ちが折れそうになってしまいました。実際、最初の月の稼ぎは三千円ほどにしかならず、自分では無理かもとあきらめそうになりました。

でも、よくよく考えてみればあいた時間でテレビを見たり、ゲームをしていてもよいことはありません。ゲームなんて、むしろソフト代が出て行ってしまうのです。

タイピングもいずれ慣れるだろうし、何かにうちこんでいたほうがよいのではないかと思い直したのです。それからは、ぼちぼちとライターとしての仕事に実が入るようになりました。それからは月で一万円程度は稼げるようになりました。携帯代を稼ぐのだとわりきって今は仕事をしています。

ライターのよさは、私のように苦手であっても慣れればある程度できることです。また、普通の会社勤めとちがい、Web上では報酬がリアルタイムで見られるのもいいと思います。生活の助けとして考えて見ると、効率も悪くありません。誰でも確実にできる仕事として、よいものだと思います。

副業という内職に対する考え方とその効果のほどとは?

仕事で壁に当たった時、何か発想の転換というのか、別のアプローチができるようになりたいと思い、本業とは別の「何か」新しいことを始めたいと思っていた。

そんなある日、とある書店で、とある雑誌本との出会いが副業を始めるきっかけとなった。その雑誌の特集で記載のあったネットを用いた副業を読む中、とあるサイトに辿り着いた。

そこはいろんな内容のタスクがあったが、中でもテキスト入力、文章作成といったいわゆるライターの副業が一番しっくりとなじんだ。この作業の対価の率は決して高いものではない。が、しかしそもそも副業で稼ごうという発想は当初より全くなく、日々のコーヒー代の足しくらいになればよいという気楽な考えで始めた。

指定された内容で、指定された文字数以上で書く記事は、事前に頭の中で起承転結、ストーリーを思い描く。そして、実際に手を動かし、文章を入力していく。この作業工程が、意外と本業への刺激になる。例えば、本業の資料作成能力を高めてくれたりもする。

また、時間の使い方についても生活へ良い効果を生み出してくれている。ネットでの副業は時間を選ばない。空いている時間に作業が可能となる。逆に言えば、一日という時間のうち本業や食事など優先順位の高いものの時間を引いた時間で行うという「限られた時間」を費やすわけである。割り切った時間の使い方をしなければ、効率は上がらない。

このように、本業や生活をよりよくするために副業をうまく活用する。副業はその対価以上の対価として私の生活に溶け込みだしている。

時間のことを考えると内職はアルバイトよりもやりやすい!

私は五十代のサラリーマンですが、かつてアフターファイブにアルバイトを行っていた時期がありました。もちろん会社には内緒です。しかし、肉体的にきつくて、長続きはしませんでした。

その時の時給は千円であり、一日二時間働いて二千円でした。しかし、そのバイト先までは片道三十分、往復一時間でしたので、通勤時間一時間を合わせると、三時間で二千円を稼いでいたようなものでした。

そのバイトを辞めてしばらくして、私は今度は自宅で内職を始めました。文字入力の仕事でした。それも同様に一日二時間だけ行いました。その当時の私の文字入力レベルは、一時間当たり八百円相当の腕前しかありませんでした。

したがって二時間で千六百円の稼ぎでした。それは一時間千円のバイトよりは稼ぎは少なく見えます。しかし、上記のように三時間で二千円を稼いでいた私のケースで考えると、二時間で千六百円は悪くありません。

このようにアルバイト三時間と内職二時間とを較べますと、確かにバイトの方が四百円多く稼げました。しかし、肉体的にきつくて長くは出来なかったのでした。それに引き替え内職は、体も楽だったのでずっと続けることができました。

これこそは内職の最大のメリットではないかと私は思います。アルバイトか内職か、どちらで稼ごうか考える時は、目先の時給に惑わされてはいけません。自分は果たして何時間かけてどれだけ稼げて、肉体的にはどれだけ大変なのかを総合的に考えて決めるべきでしょう。

内職で気持ちにも収入にも明るい兆しが見えてきました

結婚して、25年間、夫の両親と同居しています。数年前から両親が二人とも病気がちになってしまい、外へ働きに出ていた私は仕事をやめて、病院の付き添いなどをしなければならない身になりました。家事は嫌いではありませんが、仕事を辞めてから毎日の生活に張りがなくなってしまったように感じられて、憂鬱になっていました。

そんな私に、息子が内職サイトを教えてくれたのです。興味を持った私はすぐにいろいろ調べて仕事を受けられるように登録しました。外に働きに出られなくても家にいればある程度の時間は作ることが出来るので、その時間を生かそうと考えたのです。

沢山の内職からライターと写真関係の仕事を見つけ、受けることにしました。以前から、書きものの仕事と写真の仕事が家で出来たらいいのに、と思っていたので、これを見つけたときは、私に運が向いてきたのでは、と喜びました。それでも、このような仕事が私に出来るのか、始めたころは緊張しましたが、受けた仕事は丁寧に一生懸命やりました。

私が仕事を持っていることは近所の人は誰も知りません。が、今では収入も徐々に増えてきて、家事をしながら内職を持つというバランスを保ちながら、続けることが出来ています。家庭の中が明るくなり、生活に張りと潤いを感じる毎日を送れるようになったことを心から感謝しています。

働きたいけれど、事情があって外に出られない、でも、仕事をしたいとお考えの方が世の中には大勢いるのではないでしょうか。私と同じような立場の方がいらしたら、一度内職をしてみることをおすすめします。

好きな時に好きな場所でできるライターの内職のお仕事をしています

私はライターのお仕事を内職としてしています。内職をしようと思ったきかっけは、本業以外にも収入があったらいいのになと思っていた所、テレビでいろいろな内職特集がやっていてやってみたいと思ったからです。

しかしながら、単純作業すぎるもの(例えばシールはり)や逆に頭を使いすぎるもの(例えばクロスワードパズルの作成)などで、私にはどちらも無理そうだと思ってしまいました。そこでインターネットで何かいい内職はないかと思い、探し始めることにしました。

そこで出会ったのが、ライターというお仕事です。ライターというお仕事に以前から興味があり、単純すぎず頭をつかいすぎずできそうなところがいいなと思いました。私はインターネットを通してライターのお仕事をしていますが、どの場所にいてもお仕事ができるし、自分のペースでお仕事ができるのも魅力でした。また初期費用や、内職に必要な道具なども必要なかったのですぐにはじめられるのも魅力でした。

やってみて、最初は時間もかかるし、無理なく続けれるだけやろうと思っていました。しかしやる気がとてもある日や、お金がピンチの時には内職がかなり進むので、結果としてかなり稼いでいました。逆に時間がなくやる気もない時にはほとんど稼いでいなかったように思います。

しかし内職をすることにより、いろいろな情報を手に入れることができるようになりました。例えばそこで知った商品を購入してみたり、それについて調べて知識を増やしたりです。これはとてもよいことだなと実感しています。

自分のペースで出来るライターだから家事や育児とのバランスが取りやすい

我が家の家計は決して楽ではありません。むしろ毎月赤字で、どこをどう削ればいいのか分からない状態です。家計の助けになるような収入を得るには私がパートに出るのが最も手っ取り早い方法です。

ですが子供はまだ幼稚園児で、病気の時や長期の休みの時に私に代わって面倒を見てくれる人がいません。加えて、夫はサービス業で不定休且つ不規則な生活です。仮に私がパートに出たところで家事を助けてくれるような人ではなく、結局私一人がストレスを抱え込む未来が想像できてしまいます。

そこで、自宅でできる仕事をしようと思いました。自宅で仕事ができれば、子供の面倒や家事と並行してできると思ったからです。
何か特殊なスキルを持っていれば高収入につながる仕事ができたのでしょうが、生憎私には何の能力もありません。できることと言ったら手内職かパソコンを使用したライティングぐらいです。

手内職は私の母が昔やっていましたが、見ていてとても大変そうでした。幼少期は良く私も手伝いをしていましたが、当時あれだけ時間を費やしていた内職でも収入はスズメの涙程度だったそうです。実際、手内職は時給換算すると300円程度がやっとだと聞きます。出来ればもう少し欲しいところです。

そう思って始めたのがライターの内職です。インターネットサイトを利用したライター作業で、時給換算すると平均して500円程度、調子のいい時なら700円程度の収入が見込めます。これは手内職よりははるかに高時給といえます。本当はもっと効率良くライティングができればいいのですが、どうしても何度も読み返してしまったりするため、私にはこれが限界のようです。

それでも手内職よりは収入が得られますし、自分のペースで作業ができるため、家庭にも支障を来さずに済んでいます。何よりも私自身がライティングを楽しんでいますので、ライターの内職は私にはとても合っていると思っています。

様々な仕事を経験できる内職は人生をより豊かにするための賢い方法

私の本職は、時期によって忙しさに差があります。とても忙しいときは忙しいのですが、仕事が忙しくないときに時間を持て余してしまうのをどうにかしたいと、常日頃から思っていました。そんなときに出会ったのが、文書作成という内職です。

この仕事は、小さな規模から大きな規模のものまで様々であるので、初心者でも始めやすいものでした。昔から事務作業なで文書を作成することに慣れていましたし、小説や雑誌を読むことも多かったので、それを生かせるとても自分に合った内職だと思っています。

仕事が暇なときは、家に帰るとすぐ文書作成の仕事にとりかかり、いろいろな仕事をこなします。仕事が忙しいときには無理をせず、本職を優先させ、家では身体を休めたりしていました。内職を始める前より、とても充実した時間の使い方が出来ていると自分でも感じます。

内職の良いところは、細かい自分の得意分野を生かせることだと思います。私は本職で文章を作成することはあまりありません。しかし、昔から好きなことではあったので、どこかで生かせたら良いと思っていました。ですので内職はモチベーションがあがり、続けるのが苦になりません。

また、自分のペースで続けられるのも素晴らしいことです。現に私は本職が忙しいときには内職を抑えるようにしています。季節に影響される仕事の人は、内職をするとより人生が充実すると思います。自分がいろいろな仕事に携わっているという自信も、モチベーションの一つになります。

そういうわけで、私は自分の生活を豊かにするために、内職をおすすめします。